耐震リフォームをしませんか?

東日本大震災以降、日本国民の住居に関する耐震対策の関心が高まっていますよね。
私は今回の東日本大震災を自宅で体験しました。
そのとき、本当に死ぬか?と思うほど、我が家がゆれたのを今でも恐ろしい記憶とともに鮮明に覚えています。
まず、何が怖かったかというと、普通ではない揺れがあり、食器棚が開いてしまって中の食器が恐ろしい音とともに何枚も割れてしまったことです。
20キロ近くある洗濯機も、場所を移動していました。
そして、一番怖かったのは、我が家がこの揺れで持ちこたえてくれるのか?という恐怖でした。
我が家は木造の3階建てです。
もちろん、一般の耐震基準は満たして設計されていますが、ここまでの大きな地震が今後も起こったら、どうなるのか?それは本当に怖いなと思ったのです。
耐震リフォームや耐震の強化というのは、建築後でも可能だということを知りました。
今回の大震災では幸い被害を受けずにすみましたが、今後起こるかもしれないもっと大きな地震に備えるために、耐震リフォームを真剣に検討したいと思っています。